シーズー親子とのんびり過ごす家族の日記です♪
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ご無沙汰のおでましで・・・(^_^;)
2009年11月17日 (火) | 編集 |
ラッキィーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!

cutel.jpg

セブンッ!!

seven.jpg


って(*'‐'*) ウフフフ♪ なんかいいこと起きそうでしょう?

久しぶりのお出ましがこんなんですみませんです。(^^ゞ

インフルエンザ騒動もおさまり、元気に学校に通いはじめたゆうです。
ご心配いただいてすみませんでした。

最近は本当にインフルエンザにかかるのが当たり前のようになっていますが、私たちが同じ頃
どうだったか・・・と考えてみるとですね、
インフルエンザにかかったことがないように思うのです。

当時は(いつの頃かはご想像にお任せします♪)学校で集団予防接種なんかもありましたけど、
今みたいに病院でのインフルエンザかどうかの検査なんかもしてなかったのではないかと
思います。

自慢ですが、いや、自慢じゃないですが(^_^)
小学6年間、忌引などをのぞいて具合を悪くして休んだというのが、6年生の修学旅行へ行く前の日だけだったと思うのです。
その時も休みたくない!と駄々をこねて”修学旅行いけなくてもいいのか!!”って
言われて渋々休んだ記憶が・・・。

中学も早退が一回と忌引だけ。高校もないんです。

頭のできは今一なのに、学校は休まなかったんですねー。勉強は好きじゃなかったけど、学校はすきだったんでしょう。(たぶん・・・)まあ別になんの得もありませんでしたけどね。
自己満足の世界かなあ・・・。

ってことで少なくともその年頃にはインフルエンザにも病院にも縁がなかったわけで。

大人になってからも”インフルエンザです!”って言われた記憶もないので、
かかったことがないと思います・・・なーんてことを言ってるとかかりそうなので、
この話はおしまい!

デール母さんトリミングでサッパリ!
帰ってきたら、ラッキー坊やがしがみついて離れません。困った息子だ・・・。
IMG_3558.jpg





スポンサーサイト

それから・・・
2009年11月08日 (日) | 編集 |
インフルエンザと診断されて、3日がたちました。

リレンザを使用し始めて、すぐ翌日には熱が下がって、”よかったねー♪軽く済みそうだねー♪”
なーんて周囲などと話をしておりましたが、
そうは簡単に済まなかったのです。

金曜日に6度台になったからそのまま終息かと思いきや、翌土曜にはまたまた
8度台の熱が。

咳もひどく出ていて、ちょっと苦しそうでした。

昨夜は汗もかいていたので、何度か着替えをさせて、今朝には6度台に下がり、
午後には平熱近くまでになりました。

学校へは、解熱日の翌日から数えて4日目にしか登校できないのですが、
こうあがったり下がったりだと決められないものです。

痛い思いをして検査を受けたからと、うっかり約束してしまった
シルバニアさんたちが届いたのに・・・
Image748.jpg

遊ぶ気力もあまりなし・・・


ラッキーとミニーと時々デールが一緒に添い寝しています。
Image749.jpg


ネーネ早く治って元気になーれ♪

とうとう・・・
2009年11月05日 (木) | 編集 |
とうとう我が家にやってきた・・・

インフルエンザA型様が。

先週、フリマをがんばったゆうたち。

一緒に参加していたお友達が次々と熱で倒れて、”ゆうちゃん大丈夫?”って
心配のメールなどくれて。

そのたびに”平気!平気!”なんて言っておりましたが・・・

ゆうにクラスが火曜から金曜まで学級閉鎖になり、
ゆうも火曜の午後から微熱が出て、あらら・・・とうとう熱がでちゃったなーって
思っていたら、よく水曜の朝には平熱近くまで下がったからホッとしたのですが、
咳が出てたから耳鼻科で検診して、”今回は我ながら早めの対策できたぞ!”って
思っていたら、夕方から38.5℃まで上昇。

耳鼻科に電話しても発熱してから12時間以上たたないとインフルエンザかどうか
わかりませんので・・・と。

二晩、数時間おきに検温をして過ごして、結局熱は下がらないので、昔昔、よくかかってた
小児科に予約して診察してもらいました。

悪夢の検査は、相変わらず綿棒の大きい版を”ちょーっと我慢してねー”とグリグリ鼻の奥へ。

私は見てるだけなのに、なんて痛そうなのと。

ゆうはグッと涙を堪えて検査に耐えて、検査結果が出るまで外で待っててと・・・別室に入ったとたん、大泣きで。そりゃーそうよねー痛かったよねー。

本当に本当によく頑張ったヨォ~!!えらい!えらい!
シルバニアでもなんでも買ってあげる!

なーんてうっかりよけいなことを言ってなぐさめてしまいました。

結果が出て呼ばれていくと、”間違いなくインフルエンザA型で、まあ新型と思ってくださいね”と
リレンザを処方されました。

”シルバニア”の一言に、すっかり気をよくしたゆうは、元気もでちゃって、まだ熱はあるんだけど、
食べたいものをよく食べて、好きなケロロを見て笑ったり、本を読んだり、心配してお手紙くれた
お友達に返事を書いております。

このまま熱が下がってくれればいいなーって思うのですが、色々問題視されてる
薬を使っているので、しばらく私も仕事を休み、ゆうを見張っていないとね。

皆さんも気をつけてね。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。