シーズー親子とのんびり過ごす家族の日記です♪
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バラとひまわりと虹の橋
2009年06月03日 (水) | 編集 |
”バラのひこうきで天国へ出発します”

ゆうがチップの旅立ちの時に、バラの花に囲まれたチップの絵を描いてこう書きました。

チップのHPを通じて仲良くしてくださっていた方に”レオナルド・ダ・ヴィンチ”というバラの苗をいただき、その花が満開だった時にチップが旅立ったので、たくさん花を摘んでチップに入れてあげました。
”バラ王子”なんて呼んじゃったりして。(^_^;)

でもこれででさらに思い入れの強いバラになり、毎年満開になるたびに、あの日のことを思い出すんだと思うと、また涙です。


 私が働いてるお花やさんに、ミニヒマワリが入荷してきました。
そのヒマワリを見て思わず”チップだ!”って思いました。何でそう思ったのかな?って考えたときに、
夏になるとチップのトリミング後にいつも二つのヒマワリリボンが頭に付いていたことを思い出したのです。それがまた親バカながらよく似合っていたんですよね~。

しばらくヒマワリもはまりそうです・・・。

Image556.jpg

”虹の橋”の詩。
ご存知の方多いと思いますが、私はなーんとなくしか知りませんでした。
きちんと読んだことがなかったのです。大泣きしそうで・・・。(結局泣きましたが(ToT))

たくさんある中から、ゆうにもわかるようにと一冊の本を選んでみました。
絵も素敵で好きな葉 祥明さん。
とってもとっても暖かい本でした。

絵のようなところでたくさんのお友達に会え、患っていた眼も治していただいて歩けるようになって元気に過ごしているのなら、本当にうれしいです。
そして一つ勘違いをしていたことは、皆は虹の橋のたもとで遊んでいるということ。
虹の橋を渡るときは、いつか遥か先の未来に私たちがそちらへ行くようになったとき、チップが私たちを見つけてくれて一緒に渡るのだということ。そう、またいつか会えるんですね。
シワがいっぱいふえててもチップはわかるのかしら?と今からちょっと心配になってる私です。(笑)

ちっぷぱぱも涙した本です。
Image554.jpg





スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
装丁だけで。。。
表紙を見ただけで、ちっぷままの言葉を
思いだして、泣いてしまいそうでした。。。

私はこの絵本を知りませんでした。

読みたいような。。。

読めないような。。。
2009/06/03(水) 23:19:14 | URL | 78 #-[ 編集]
>78ちゃん
今だから読めたように思います。こういう世界があるのならいつまでもメソメソしていてはいけないのかもしれません。でも泣けちゃうけどね。
2009/06/05(金) 09:21:43 | URL | ちっぷまま #-[ 編集]
葉祥明さんのこの絵本知らなかった。
私も祥明さんの絵、大好きだから買おうかな。(*^_^*)
内容は、何度読んでも涙出ちゃうけどね。

ゆうかちゃん、素敵な絵と言葉を添えたのね。(o^v^o)
私も、チップ君というと、ひまわりのイメージだわ。
ひまわりのリボン姿が、私もすっごく印象に残ってるの~。(*^^*)

今は、いっぱいいっぱい泣いて良いと思います。
だって、悲しいんだもの。
私も、ラヴィアンパパに言われたの。
こんな悲しい時に泣かないで、いつ泣くんだよって。
泣くことは、決してマイナスじゃないよって。
いっぱい泣いて、そして笑顔になろうって。

絵本は、雨降り地区のお話も載ってるのかな。
こんなお話もあるのよ。
http://homepage2.nifty.com/AWS~dogs-cats/newpage50.html
いっぱいいっぱい泣いて、そしていつか雨降り地区から暖かい陽射しの方へ連れて行ってあげよう。(*^_^*)
ゆっくりで良いから。



2009/06/05(金) 16:56:26 | URL | 絹ぞう #t8RLJlCU[ 編集]
>絹ちゃんへ
そうでしたねー絹ちゃん、葉祥明さん好きでしたね。この本には一章だけが載っています。
まだまだ悲しくなってしまいながら見てしまいますが、絵はとても温かい気持ちにさせてくれます。
ラヴィアンパパさんの言うとおりですね。
泣きたいときには泣かないとね、余計苦しくなっちゃうよね。
三章のお話も絹ちゃんが教えてくれたところで読みました。その通りだなーって思うので、早くチップが皆と楽しく遊べるようにしてあげないとなーって思ってます♪
2009/06/06(土) 17:08:33 | URL | ちっぷまま #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/06/09(火) 00:41:30 | | #[ 編集]
ごぶさたしてます
チップくんが虹の橋に旅立ってしまったことを知ってほんとに寂しく悲しいです。
チップママと知り合った時はまだチップくんも若くて、元気はつらつとしていて・・・、それがつい最近のことのように感じます。

チップくんはいつのまにかお嫁さんを迎えて、かわいい子供たちのパパになって、ファミリーからの愛情も沢山もらって、きっと幸せな一生だったと思います。

うちのシロもチップくんと同じ年なので、いろいろと考えさせられます。
病気になったり、老いが見えてきて寂しい気持ちになってしまうこともありますが、チップくんのように幸せな一生だった・・・と思ってもらえるように私もがんばりたいと思います。

チップママも悲しくてたまらないと思いますが、かわいい忘れ形見たちのために少しずつ少しずつ、元気を取り戻せますように。

2009/06/09(火) 20:56:01 | URL | まゆみ #V8RMHPHM[ 編集]
>まゆみちゃん
励ましありがとうございます。
残された子供たちが、今までよりさらにチップに似てきてそれがまた悲しかったりうれしかったりです。チップがいつもそこにいると思って日々過ごしています。
シロ君はじめ、同世代の皆にはチップの分もいっぱいいっぱい元気でいて欲しいと毎日願っていますからね。
毎日を楽しく一緒に過ごしてください。それが一番です(^^)v
2009/06/11(木) 06:20:05 | URL | ちっぷまま #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。